汗からアンモニア臭がする原因と対策

体がおしっこみたいな臭いがする?

おしっこのような臭い

体臭って不快な臭いをひとくくりにして語られがちですが、実は臭いの種類にもいろいろなものがあります。


そのなかでも結構多くの方が悩んでいるのが、自分の汗などからおしっこのような臭いがするというものです。


しかも、意外と女性にも多くみられる悩みなんです。


おしっこの臭いというのはいわゆるアンモニア臭というものですが、どうして体からアンモニアの臭いがするのでしょうか?


そこには、腎臓の機能低下や血行不良、さらには疲労といった原因が考えられます。


つまり、自分には体臭は無いと思っている方でも、疲労や血行不良という現代人にありがちな状況になることで体臭がきつくなってしまう可能性があるのです。


そのため、


  • どうして疲労などによってどうしてアンモニア臭を発するようになってしまうのか、
  • 女性にも多い理由
  • どのような対策を取るべきか

といったところを紹介していきたいと思います。


アンモニア臭の原因は何?

ポイント

体がアンモニア臭になってしまうのはなぜでしょうか?


考えられる主な原因としては、最初に少し触れた通り


  • 肝臓や腎臓の機能低下
  • 血行不良
  • 疲労

と言ったものがあります。


それぞれについてもう少しく説明していきましょう。


肝臓や腎臓の機能低下

肝臓や腎臓

体内で食べ物を消化する過程で発生するアンモニアは、通常肝臓で尿素というものに変わって血液中に入り、腎臓ですくい取られて尿として排出されます。


そのため、肝臓や腎臓の働きが弱くなれば本来排出されるはずのアンモニアが血液の中に残り、いずれ汗として排出されてアンモニア臭を発するようになってしまうのです。


肝臓や腎臓の機能低下は病気が原因の場合もありますが、それだけではなく暴飲暴食などが原因のこともあります。


連日お酒を飲むのは肝臓に負担をかけることが知られていますし、肉ばかり食べていればたんぱく質の摂りすぎになり腎臓に負担をかけて弱らせてしまう可能性があるわけです。


血行不良

血行不良

意外かもしれませんが血行不良が体臭につながってしまうことがあります。


通常、私たちはエネルギーを使う時には酸素を必要としますよね?


ですが、有酸素運動と無酸素運動という言葉があるように、酸素を必要としないエネルギーの作り方もできるわけです。


そして無酸素運動の場合、エネルギーを作り出す過程で汗にアンモニアを含むようになってしまうのです。


しかも血行が悪い状態が続くということは、酸素を供給する血液の流れが悪いわけですから、酸素を使ったエネルギーの生成が行われずに、無酸素運動の時と同じ流れでエネルギーを作ろうとしてしまうのです。


そのため、アンモニア臭を発生するようになってしまうことがあるのです。


血行不良になってしまう大きな要因は運動不足ですが、その他にも喫煙湯船に浸からずにシャワーだけで済ますといったちょっとした習慣が影響していることがあるので、まずは習慣を見つめなおすことが大切です。


疲労が溜まっている

疲れ

これは血行不良のところでお話ししたように、無酸素運動のような負荷の高い運動をして疲労がたまると、乳酸が増えてそれと同時に血中のアンモニアが増えるのです。


そのため、スポーツ選手や激しい筋トレなどを趣味としている方は汗が臭いと感じることが多いのですが、負荷の高い運動でなくても疲労を感じている場合は乳酸が溜まっていることが多いのです。


運動ではなく仕事などで疲労感のある時にも体内の乳酸濃度が高くなることが分かっていて、それによって発生するアンモニア臭を疲労臭と呼ぶことがあります。


このように実にさまざまなことが原因で、アンモニアを発生してしまうことにつながるため、体臭なんて自分には関係ないと思っているかもしれませんが、ちょっとした生活習慣の変化などで臭いが強くなってしまう可能性は十分にあるのです。



意外と女性にも多いので注意!

驚き

体臭というと男性の問題だとばかり思われがちですが、最近では女性も多くみられるようになってきていますね。


特にアンモニア臭の場合は、女性で気になっている方が多いような気がします。


一般的に汗や皮脂の量で言うと男性の方が多いため、体臭を気にするのは男性が多くなりがちですが、女性にも男性には無い臭いの原因があるのです。


その1つがダイエットでしょう。


ダイエットによって過剰に食事を制限すると、一時的に体の代謝が落ち、血流も悪くなるため、上記で説明した血行不良の状態になるわけです。


さらにダイエットの場合は、アンモニア意外にもケトンと言われる臭い成分が生み出されて体臭が強くなるので注意が必要です。


 ⇒ダイエット臭とは?ダイエットで体臭が強くなる理由



その他にも、女性の社会進出とともにストレスや生活習慣の乱れによって疲労が溜まっていたり、お酒の付き合いなども増え、肝臓や腎臓の機能の低下などが合わさっていることもあるのでしょう。


いずれにせよ、アンモニア臭というのは男性特有のものではなく女性にもよくあることだとことを認識しておくと、もし自分が鳴ってしまった時に焦らずに対処することができるでしょう。


どんな対策をすればいいの?

アンモニア臭を抑えるための対策にはどのようなものがあるでしょうか?


まず対策には臭いを未然に防ぐ「予防」のためのものと、臭いが気になった時に実施する「臭いの軽減」のためのものがあります。


予防としての対策

休刊日

アンモニア臭を防ぐための方法は単純です。


先ほどいくつか挙げた原因をなくすようにすればいいわけです。


例えば、


  • 休肝日を作ってお酒を控えるようにする
  • 定期的な運動をする
  • 疲労を溜めすぎないようにする

ということですね。


ただ、このような予防策というのは理想ではあるものの、通常仕事などをしている方にとっては自分の意志だけではコントロールしきれいないところもあると思います。


よって、時間に余裕があったり、仕事上の付き合いなどが少ない方はできるかもしれませんが、多く方は次に示すような臭いを軽減するための方法を実施する方が現実的でしょう。


ただし、根本的な解決にはこのようなことが必要だと知っておいて、生活習慣を改善しようと心掛けることは絶対に必要なことなので、頭に入れておくようにしましょう。


臭いの軽減のための対策

クエン酸

続いて、すでに体内でアンモニアが発生してしまっているけれど、どうにかして軽減したいという方におすすめの方法を紹介しましょう。


クエン酸を取る

体内に発生するアンモニアの量は乳酸と関係していることは説明しました。


そのため、乳酸を体内でスムーズに分解することが大切なのですが、乳酸を分解するのにクエン酸が使われるのです。


よって、クエン酸を積極的に摂取することで臭いの軽減が期待できるわけですが、クエン酸を多く含んでいる食べ物としては梅干しが最も一般的ではないかと思います。


梅干しが苦手な方はレモンなど基本的に酸っぱいものに多く含まれているので、日頃の食事のメニューに加えてみましょう。


ミョウバン水を使う

スプレー

体臭対策として有名なミョウバンは、アンモニアと反応して臭いを消すと言われていますね。


ミョウバンは100gで200〜300円程度で入手でき、水と混ぜ合わせてスプレーボトルに入れて持ち歩けば、簡単に臭い対策スプレーができるのでおすすめです。


ただし、体全体に使用するとなると難しいので、あくまでも部分的に応急処置的に使うものとして携帯しておくとよいでしょう。


サプリメント

サプリ

臭いを軽減する方法として最も手軽で手間がかからないのがサプリメントでしょう。


汗に臭いの成分が含まれるのと同じように、消臭効果の期待できる成分を体内に含ませて、汗と一緒に排出することで臭いを軽減しようというものです。


スプレーなどのように作ったり使用する手間がなく、朝などに1回の飲むだけなのでとても便利です。


アンモニア臭が気になるという場合の多くは、生活習慣に原因があること、そして根本的な原因を解決するために必要な習慣の改善ができないようなら、上記のような対策の中からお仕事や生活習慣に合った継続できそうなものを選んで実施してみるとよいでしょう。

誰にもバレずにこっそり簡単に体臭や口臭をケア!
臭ピタッ!で気になる臭いをピタッと消臭!