体臭の原因は洗いすぎ

お風呂での洗いすぎが臭いの原因に?

体を洗う

体臭を気にしている方ほど、当たり前ですがしっかりと体を洗ってニオイの元になる汚れを落としたいと思いますよね?


しかし、実は洗いすぎてしまうと体臭はよりひどくなるものなのです。


その理由は皮膚に存在している細菌のバランスが崩れてしまうからです。


細菌というとすべてが悪者で、臭いの原因になるようなイメージがありますが、実は皮膚の臭いのものになる菌が繁殖しないような環境を整えてくれている細菌も存在するのです。


そのため、なんでも間でも綺麗にするのがいいと勘違いして洗いすぎてしまうと、肌に細菌が一時的にはいなくなって臭いも無くなるかもしれませんが、私たちの味方である菌までいなくなってしまうために、より臭いの原因菌が繁殖しやすくなってしまうことがあるわけです。


皮膚にも善玉菌と悪玉菌がいる

善玉菌と悪玉菌

私たちの皮膚には、常在菌と言われる病気などに関係の無い菌が常にたくさん存在しています。


その中でも常在菌の中には腸の中のように善玉菌と悪玉菌がいて、皮膚を酸性に保つことによって清潔な状態にしてくれている善玉菌の存在がとても大切です。


この菌は肌の表面にある皮脂や汗を食べて生きているのですが、食べた後に排出するものが酸性であるため、善玉菌が皮膚に存在することによってお肌は弱酸性に保たれるのです。


実は肌にとってはこの弱酸性という環境であることがとても大切なんです。


なぜなら、肌にとって有害な菌や病原菌はアルカリ性の環境を好み、酸性を嫌う性質のものが多いため、善玉菌が多く存在してお肌が弱酸性を保たれていることが健康な肌でいられる条件なのです。


例えば、肌に常在菌として存在している中でも悪玉菌に分類されるものの中に黄色ブドウ球菌というものがいます。


この菌はアトピーの痒みの原因としても有名な菌ですが、肌が酸性である場合には全く害はありません。


しかし、何かしらの理由で悪玉菌が増えてしまって、肌がアルカリ性に傾くと、皮脂や汗をを分解して臭いのもとになる成分を発生させてしまうのです。


善玉菌が皮脂や汗を分解するとニオイが無くて弱酸性の環境を保つための物質が排出されるのに、悪玉菌の場合は悪臭の原因になる物質が排出されるのです。


さらに、悪玉菌は皮膚の炎症の原因にもなるので、お肌の常在菌のバランスが体臭に限らず健康な肌を保つうえでとても大切な要素なのです。


ゴシゴシと擦るような洗い方はやめましょう

お風呂

以上のように、肌の常在菌のバランスが崩れて悪玉菌が増えてしまうと、汗や皮脂を臭いのする成分へと変化させてしまう菌が繁殖してしまうわけですが、どうして常在菌のバランスが崩れてしまうのでしょうか?


はい、もう予想できていると思いますが、その大きな原因の1つが体の洗い過ぎなのです。


始めにも言いましたが、体臭が気になる人ほどしっかりと洗いたくなるというのは、感情としてはとてもよくわかります。


ただ、汗はシャワーを浴びるだけで十分落とすことができますし、皮脂だって擦らなくても泡を付けることで分解するので、後は流すだけで落ちるはずなんです。


(※シャワーだけで済ませるのはお勧めしません⇒湯船に浸からずにシャワーだけで済ませると体臭の原因になる?


しかし、ゴシゴシと擦らないと汚れが落ちている気がしないといって、力を入れてこすってしまっている方が結構多いんですね。


特にナイロンタオルのような摩擦力の強いもので体を洗うことが一般的であった時代の方は、皮膚をこすり過ぎている可能性が高くいです。


柔らかいもので優しく洗う現代人よりも昔の人の方が体臭がきついと言われる傾向があるのは、実は洗い方にも原因があるんじゃないかと思います。


皮膚と強く擦るような洗い方をしていると、皮膚の善玉菌が激減するだけでなく、善玉菌が食べる皮脂なども過剰に落としてしまうために、肌を酸性に保つために必要な常在菌がいなくなってしまうのです。


つまり、体臭が気になるためにゴシゴシと洗っているのに一向に改善されないと悩んでいる方は、ニオイが気になるためにさらにニオイを強める行動をするという悪循環に陥っている可能性があるのです。


そのように体臭に悩んでいる方は、基本的にはシャワーで汚れを落として、泡を付けて洗う場合はしっかりと泡立って、泡で肌を洗うようにして下さい。


スポンジなどを使う場合でも、できるだけスポンジと肌が触れないように間にたくさんの泡を介在させて、泡で撫でるようなイメージであることを心がけてみてください。


誰にもバレずにこっそり簡単に体臭や口臭をケア!
臭ピタッ!で気になる臭いをピタッと消臭!