汗は体臭の原因なる?予防するには?

汗そのものは臭わない!

汗

一般的にたくさん汗をかく人ほど、なんだか体臭がキツそうなイメージがありますよね。


特に肥満体型で、たくさん汗をかいている姿を見ると失礼な話ですが不潔っぽいし、実際はどうあれ臭いがあるような気がしてしまいますよね(実は私が肥満で汗かきなんですが・・)。


ただ、結構勘違いしている方が多いのですが、基本的に汗そのものは臭いものではありません


これは汗っかきの私たちには朗報です。


結論を言ってしまうと、汗をかくことが問題なのではなくて、放置することが問題なんです。


ここで、汗にも2種類あるということを知っておきましょう。


汗は基本的に体温調節のために分泌されるわけですが、実はもう1つ、体温調節とは関係ない汗があるのです。


実は汗腺(汗が出るところ)は2種類あって、体温調節のためにかく汗を分泌するエクリン腺と、ワキや陰部などにあって強い臭いの原因となる汗を出すアポクリン腺があるのです。


脇にかく汗を触って臭いを嗅ぐと、ちょっと酸っぱい臭いがするのは、背中などにかく汗とは種類が異なるからなんです。


汗っかきだから脇の臭いも強烈になってしまっていると勘違いしている方も多いのですが、そもそも脇から出るものは誰でも臭いのです。


ただ、アポクリン腺の数に個人差があるというだけなんです。


では、エクリン腺から分泌される普通の汗自体に臭いはないのに、どうして「汗臭い」なんて言葉があるのでしょうか?


実は汗が臭うのは、汗に含まれる成分や、皮脂や汚れが混ざることによって臭いの原因となる菌が繁殖してしまうためであって、汗そのものが臭いを発しているわけではないのです。


足の臭いを考えると何となくイメージしやすいと思うのですが、背中も足も同じ汗をかくのに、背中に比べて圧倒的に足の方が臭いがきつくなるのはどうしてでしょうか?


これは、臭いがきつくなるのは汗の量の問題ではなく、菌がより繁殖しやすい環境なのはどちらか?という問題だということを示してくれています。


足は常に靴の中にあって通気性が悪いため湿度が高く、臭いの原因菌が繁殖しやすい環境であるために、どうしても臭いがきつくなるわけです。


 ⇒足のにおいの原因は?実は臭くて当然?


つまり、汗臭いというのは、「汗をたくさんかくことが原因ではなくて、臭いの原因菌を増やしてしまう環境を作り出してしま手いることが原因」ということなんです。


汗による体臭を防ぐには?

汗自体の臭いよりも、汗をかいた後の環境が臭いの程度を左右しているということはわかりましたね。


ここが理解できると、汗臭いという状態をどのようにして防ぐことができるのかイメージできますよね。


具体的に言うと


  • 汗を放置しない(すぐ拭き取る)
  • 殺菌作用のある制汗剤などを使う
  • 着替える

汗が臭いを発するようになるのは菌が繁殖するためにですよね。つまり、汗に含まれる皮脂や汚れを食べて分解するたびに菌がどんどん増えていくわけなので、時間に比例して臭いが強くなることが普通なのです。


そのため、放置せずにしっかりとふき取ることが汗臭さを無くす基本です。


ただし、ここで1つ注意があります。


汗を拭きとるときには必ず湿ったもので拭きとるようにすること!

です。


その理由は、汗は体温調節する必要があるために体内から出てきているのに、乾燥したタオルなどでふき取ってしまうと、結局体温を下げられていないためにまた汗をかくという悪循環になってしまうからです。


そのため、市販の汗対用のウェットシートや濡れタオルなどでサッとふき取って、肌表面に水分が残る状態にするのがベストです。


さらに、汗をかいたからと言って必ずしも頻繁にふき取れる状況にあるわけでしょうから、もしも放置したまま時間が経過してしまったときは、ふき取るだけでなく臭いの原因菌を殺菌してくれる作用のある制汗スプレーなどを使用すると効果的です。


そして服に染み込んだ汗も同様に時間が経過すれば臭いの原因になってしまうので、できればインナーだけでも交換することが大切です。


以上、自分は汗っかきなので体臭が気になるという方は、まずは上記の基本の3つを実施してみるとよいでしょう。


とは言っても地道な行動が必要で、ズボラな人には継続するのが難しいかもしれないので、てっとり早く効果を得たいという方には消臭サプリなんかを使用してみるのもいいかもしれません。