足が臭いの原因

足がくさいのはどうして?

足がくさい

足の臭いに関しては他の体臭とは異なり、多くの方が自分自身で自覚できます。そのために、とても気にしている方が多いのです。


では足の臭いはなぜ発生するのでしょうか?


簡単に言うと、足は汗腺が多く乾燥しにくい環境下に置かれることが多く、ニオイの原因菌が多くなるため、ニオイを感じやすいのです。


足って実は背中よりも汗腺が多く存在しているため、汗の量がとても多いのです。さらにほとんどの方が通気性の悪い靴を穿き続けているために、汗をかき続けるにもかかわらず、乾燥しずらく、しかも密閉空間のために温度も湿度も高いのです。


 ⇒汗は体臭の原因になる?予防するには?


さらに足の裏は体重をしっかりと支えられるように角質がとても厚くなっており、この角質がターンオーバー(新しい肌が作られて、古い肌が剥がれ落ちるサイクル)により垢として大量に剥がれます。


つまり、ニオイのもとを作り出す原因菌の繁殖しやすい高温多湿でありながら、菌のエサになる人間の皮膚などが多く存在するわけです。


よって、足は臭くなるのも当然なのです。


どうして男の足は臭いのか?

ビシネスシューズ

一般的に、女性よりも男性の方が足のニオイが強烈であると考えがちです。特に中年以降のいわゆるオジサンと言われる世代の方が足のニオイがきつい印象がありますね。


その理由はなぜでしょうか?


もちろん、汗をかく量が男性の方が多いため確かに納得できるのですが、これも外的要因が強いのではないかと思います。


例えば、会社においても男性はスーツに革靴を履いていることがほとんどですが、女性の場合は男性ほどしっかりとホールドされた靴ではなく、比較的外気にさらされやすいものを履いていることが多いと思います。


普段着にしても、男性は年齢を重ねるほど革靴を履く傾向が強くなりますよね。それ比べて、女性の場合はサンダルやミュールなどを履くことが多いと思います。


男性でも若い人ならサンダルなどを履くことも多いと思いますが、ある程度の年齢の男性がサンダルばかり履くのも身だしなみとしてあまりよいものではありません。


このように、男性、特に中年以降の場合は足のニオイを強くさせるような環境を作りやすい傾向にあるのです。


しかし、近年では女性向けのロングブーツが一般的になったことにより、女性の足のニオイもクローズアップされるようになってきていますよね。


それを考えるとやはり、足のニオイは男女関係なく発しているものなのです。


たまたま、男性の方が汗の量が多かったり、ニオイを強化する環境を作りやすい風潮にあるために、くさいという認識になっているのだと思います。


どう対策すればいいの?

足の臭い対策

足のニオイの原因が、汗をかきやすく、乾きにくい、さらに細菌のエサである角質が多いことにあるわけなので、足の臭い対策としてはこれらの原因の1つ1つにしっかりと対処していけばいいわけですね。


つまり、


  • 通気性をよくする
  • 汗を放置しない
  • 角質を取る

といったことが必要になってくるのです。


ではそれぞれについて、具体的な方法を挙げてみましょう。


通気性をよくする

これは言うのは簡単ですが、ビジネスマンがサンダル履いて出かける訳にもいかないのでどうしたらいいの?と思うかもしれませんが、単純に足が密閉された状態でいる時間をできるだけ短くしようということです。


例えば、オフィスにいる間はデスクワークが多いという方の場合は、デスクにいる時だけサンダルを用意して履いておくとか、車移動が多い方なら運転中だけは通気性のいい靴を履くというようにするのです。


こうすることで、通気性が良くなるためニオイの原因が繁殖しやすい環境である高温多湿の状態を少しでも減らすことができるわけです。


汗を放置しない

汗に含まれるタンパク質などを肌の常在菌が分解することでニオイにつながるので、汗はできるだけ放置しないことがニオイの予防においては重要なんです。


そのため、足が蒸れたことを感じてきたらできれば、靴下を交換すること、そして除菌効果のある汗拭きシートなどでしっかりと拭いてあげるといいでしょう。


また、意外とやっている方が少ないのですが、靴をローテーションして履きましょう。毎日同じ靴を履いているとどうしても汗などを吸い込んで湿った状態のままになってしまうので、菌が発生しやすくなってしまいます。雨が降った次の日に同じ靴を履いていくのもおすすめできません。


可能であれば同じものを2足持っておくと交互に履けるので便利です。ニオイ対策だけでなく、靴そのものの寿命も延びるのでお気に入りの靴であれば実施する価値はあると思います。


角質を取る

これは女性なら実施している方が多いのですが、かかとなどの角質が厚くなりすぎてひび割れしたりしている時は、軽石などで削ってあげるといいと思います。


男性だとストッキングを穿いたりしないので、かかとの状態などをそれほど気にしないと思いますが、厚くなった角質もニオイにつながるものなので、明らかに厚くなってしまっているのであればケアしてあげるといいと思います


以上、意外と簡単にできる足のニオイ対策について紹介しました。


すべてをやろうとすると大変さから挫折してしまう方も多いので、慣れるまでのあ間は1つずつ実施していってみて下さい。効果を感じるほどにもっとやりたくなり、面倒臭さなどは無くなってどんどんいい方向に進んでいくと思いますよ。


誰にもバレずにこっそり簡単に体臭や口臭をケア!
臭ピタッ!で気になる臭いをピタッと消臭!