便秘が体臭や口臭の原因になる

しっかり歯を磨いているのに息が臭い?

口臭

体臭を気にしている方の中で、汗はそれほどかかないし、ワキも臭いがあるわけではない、しかも歯磨きっだってちゃんとしているのに口臭や体臭を指摘されることがあるという方がいるのではないでしょうか。


自分でどれだけ考えても原因がわからないという方に伺いますが


もしかして、ひどい便秘ではないですか?


実は、便秘によって体臭や口臭がひどくなってしまうことがあるのです。


この事実はすでに有名な話ではあるのですが、体臭を気にして色々と調べたことがあるなら一度は聞いたことがある情報かもしれませんが、最近になって自分の臭いが気になるようになってきたという方にとってはちょっと驚くような話だと思います。


どのようなメカニズムで便秘が体臭につながるのかを知ることで、対策としてやるべきことも見えてくるので、体臭との関係をしっかりと理解しておきましょう。


便秘がどうして体臭になるの?

便秘

便秘になるとどうして体臭が強くなるのでしょうか?


多くの方が1度は便秘というものになったことがあるとは思うのですが、便秘になった時におならがたくさんでるようになったり、またそのおならが普段よりも強烈な臭いを放つように感じたことはありませんか?


簡単に言ってしまえば、私たちの腸内に便が長くとどまることによって、腐敗ガス(おなら)が発生し、一部は排出されるのですが、一部は腸内から吸収されて血液に取り込まれて、最終的には呼吸や汗によって体外に排出されるのです。


それによって、体臭や口臭に繋がってしまうのです。


もう少し詳しく説明しましょう。


私たちは腸内細菌によって体内に取り入れたものを分解、吸収して、不要なものを便として排出していますね。


しかし、ストレスや生活習慣の乱れなどによって腸の働きが悪くなると、一時的に便の排出がうまくいかなくなり、便が腸の中に長時間残されてしまうことになるのです。


そうすると、腸の中では便を再度分解しようとして悪玉菌が増殖していきます。


悪玉菌は食物や便などをどんどん分解(腐敗)させていき、このときにガスを発生させます。


これがおならのもとになる腐敗ガスですね。


腸の中に便が長時間残り続けるほど、腸の中で便の分解がすすんで腐敗ガスが増加していき、排出されずに残ってしまうものがでてきます。


そうなると、どこに行くこともできないため、腸から栄養素と同じように吸収されて血液の中へと取り込まれるのです。


そうなると、汗は血液から作られるので当然臭いが発生し、呼気などにも腐敗ガスの臭いが現れるようになって、体臭や口臭につながってしまうのです。


悪循環にはまらないように

循環

ここまでで、便秘と体臭の関係を理解してもらえたかと思うのですが、この関係をうまく断ち切れないのは、体臭とストレスの悪循環に陥りやすいことが原因の1つであると思います。


先ほど説明したように、便秘というのは腸の働きが落ちることが原因なわけですが、腸の働きが低下する原因としては睡眠不足やストレスが挙げられます。


腸というのは自律神経の影響を受けやすいため、睡眠やストレスの影響を受けやすいわけですが、いったん自律神経が乱れて腸の働きが低下して便秘になり、さらに体臭を感じるようになると、そのこと自体がすごく気になってしまったりしてストレスになり、腸の低下が衰えてしまうわけです。


さらに、便秘になると悪玉菌が増えることはさきほども言いましたが、腸内に悪玉菌が増えると腸の動きを弱らせてしまうため、便秘がさらに腸の働きを悪くさせ、体臭などを感じるストレスによってさらに悪化するという負のスパイラルを繰り返してしまう可能性があるのです。


そのため、原因がこれといって思い当たらないのに体臭を感じるという方で、便秘が続いているという場合は、まずは生活リズムや食生活を整えて、腸内環境を改善することで、意外と簡単に解決してしまうかもしれませんので、今気になる体臭についてはサプリやデオドラント剤などで対処しつつ、内面からの変化を期待して生活の見直しから始めてみるといいと思います。


誰にもバレずにこっそり簡単に体臭や口臭をケア!
臭ピタッ!で気になる臭いをピタッと消臭!