加齢臭とは?臭いの原因と必要な予防や対策を知ろう

もしかして加齢臭?

まさか

ある程度の年齢になると、誰でも(特に男性の場合は)自分の体臭が気になるものです。


特に気になるのは加齢臭ではないでしょうか?


加齢とともに誰でも体臭が発生するとなると、気になって当然ですね。


そこで、自分の体臭の原因は加齢臭なのか、その場合にはどうしたらいいのかといったことを判断するためにも、加齢臭の基本的なことについてしっかりと理解しておきましょう。


加齢臭の原因は何?

原因について

加齢臭と聞くと、何となく年齢とともに身だしなみに気を遣わなくなったオジサン特有の臭いのようなイメージがありますが、実は身だしなみなどは関係ありません。


加齢臭の根本的な原因は、「ノネナール」という物質が発生してしまうことなのです。


このノネナールというものはいったいどんなものなのでしょうか?


簡単に言ってしまうと、「皮脂が酸化したもの」なのです。


皮脂の中に含まれるパルミトレイン酸という脂肪分の一種が分解されてできるのですが、皮脂に含まれるパルミトレイン酸の量が増えると加齢臭というものが目立つようになるのです。


パルミトレイン酸は若い人の皮脂にはあまり含まれていないのですが、ある程度の年齢になると急に増え始めるため、一般的にオヤジ臭などと言われているのです。


加齢臭は男性だけのもの?女性にはないの?

女性にもある?

先ほども言ったように、加齢臭=オヤジ臭というイメージが強いですが、基本的には加齢臭の原因物質であるノネナールは男女問わず年齢とともに増えていくので、女性であっても加齢臭は発生しています


ただ、一般的に女性に比べて男性の方がもともと臭いに鈍感あることもあって女性ほど臭いに気を使わないし、汗や皮脂の分泌量が多いこともあって、男性の方が加齢臭が目立ちやすいと言われています。


そのため、女性だけの職場などで働いている場合、男性がいない分だけ臭いの変化が目立ってしまうことも考えられるので、例え女性であっても加齢臭のケアは意識しておく必要があると思います。


いつごろから臭い始める?どんな臭い?

どんな臭い?

自分の体臭の原因が加齢臭ではないかと心配している方は、


  • そもそも加齢臭というのはどのくらいの年齢から感じられるようになるのか?
  • どんな臭いを発するのか?

というのが気になるでしょう。


加齢臭の発生し始める時期で言うと、男性の場合は40代ころから少しずつ兆候が見られるようになり、本格的に実感し始めるのは50代以降と言われています。


女性の場合は男性よりも少し遅れていて、50代前後に兆候が見られ始めますが、実際に臭いが気になり始めるのは60代以降の方が多いようです。


30代〜40代の男性で、家族などから体臭を指摘されたりして加齢臭ではないかと考えている方もいるようですが、中年期のきつい臭いはノネナールではなく、ジアセチルという別の物質が原因になっていることが分かっています。


 ⇒ミドル脂臭の原因と対策 | 加齢臭とは違う30代〜40代前半の体臭


また、どのような臭いがするのか?というと、皮脂が酸化した臭い、つまり古い油のような不快な臭いであると言われています。


ただ、加齢臭だけが不快に感じるわけではなく、生活臭や汗の臭いなどに加齢臭が加わってトータルで「不快な香り」として認識されるため、人によって表現はバラバラです。


よって、臭いの種類だけで加齢臭かどうかを判断するのは難しいでしょう。


そのため、年齢的に考えて加齢臭がしてもおかしくない世代になって体臭が気になるようになったなら、すぐに加齢臭対策をした方がいいと思います。


加齢臭は予防できる?

予防について

年齢とともに体臭がきつくなるのはどうにもならないと考えている方もいるようですが、そんなことはありません。


基本的には加齢臭を強める要素をできるだけ排除することで、臭いを軽減することが期待できるのです。


最初に加齢臭の原因であるノネナールは、皮脂(パルミトレイン酸)が酸化したものであると説明しましたね。


そのため、加齢臭をできるだけ予防するためには


  • 過剰な皮脂(または皮脂の中の脂肪分)を抑える
  • 酸化を抑える
  • 酸化してしまった皮脂を除去する

といったことが必要になってくるのです。


過剰な皮脂(または皮脂の中の脂肪分)を抑える

食生活の改善

皮脂というのは基本的に脂質を分解して作れられるものなので、脂肪を摂りすぎたりすると皮脂の分泌量も過剰になってしまうのです。


中学生くらいの頃にチョコレートを食べ過ぎるとニキビができやすくなると聞いたことはありませんか?


これは甘いチョコレートのような脂質の多いものを摂りすぎると、皮脂が増えてニキビができやすくなるということなのです。


そのため、加齢臭をできるだけ軽減したいのであれば、脂質の多い食事は避けてバランスの良い食生活にした方がいいのです。


酸化を抑える

禁煙

皮脂が酸化しないようにするためには、酸化の原因である活性酸素を増やしすぎないように気を付けることも大切です。


活性酸素が増えてしまう主な要因としては、ストレスと喫煙が挙げられます。


私たちの体はストレスを受けるとそれに対抗するホルモンを作り出すのですが、その時に活性酸素が作られてしまうことが分かっています。


また、タバコの煙には活性酸素の一種である過酸化水素が含まれているため、喫煙をすることは体内に活性酸素を取り入れていることと同じなのです。


このような体内に活性酸素を増やしてしまう行動を減らすことによって皮脂の酸化が抑えられるため、加齢臭の軽減が期待できるというわけです。


酸化した皮脂を残さない

清潔

皮脂というのは時間が経過すると体内の活性酸素や空気中の酸素によって酸化されて劣化していきます。


料理の油なども使用して放置しておくとどんどん劣化して変色していきますよね。


そのため、加齢臭を悪化させないためには、毎日しっかりとボディソープなどで洗って古くなった皮脂が残らないように清潔にすることが大事なのです。


また、酸化した皮脂は洋服に付着して臭いを発することもあるので、1度着た服をそんなに汚れていないからと何度も着たりせずに、面倒でも常に清潔に保つようにしましょう。


すぐに効果のある対策は?

さきほど説明したように、日々の生活習慣などを変えて皮脂の分泌や活性酸素の発生を抑えることで加齢臭の予防となることが期待できますが、すぐに効果の現れるような方法ではありません。


じゃあ、まさに今加齢臭に悩んでいる場合にすぐに効果を発揮する方法というのも必要になってきます。


そこで、体の外側と内側の両方の面からできる対策を紹介しておきましょう。

外側からできる対策

ボディソープ

体の外側からのケアとしては、酸化した皮脂をしっかりと洗い流すことが重要です。


通常のボディソープでも皮脂汚れなどは落ちますが、さらに消臭力や抗菌作用の強い体臭ケア用のボディソープを使うと効果を実感できるでしょう。


内側からできる対策

サプリメント

ボディソープなどを使った外側からの対策は必要不可欠ではあるのですが、それだけでは昼間に発生したノネナールをケアすることができません


1時間おきにデオドラントなどを使うわけにもいかないでしょうから、入浴時以外にもできる対策をしておきたいところです。


そこで体の内側からのケアが大事になってくるのですが、具体的な方法としては体臭ケアサプリがおすすめです。


手軽に使えるので手間がかからず、効果を実感しやすいので、ボディソープなどと併せて利用してみるといいでしょう。


このように、加齢臭はどうしたって発生してしまうものなのですが、軽減するためにできることはたくさんあります


今の自分の生活スタイルなどに合わせて続けやすい方法を継続していくことが、周囲に不快感を与えないためにも大切なのです。