枕が臭いと感じたら体臭対策

枕から悪臭がする

枕

30代も半ばくらいになってくると、徐々に自分の体臭が気になるようになってくるものです。


だからといっても自分ではなかなか自覚しにくいので自分の臭いに気づくのは簡単ではないのですが、意外と多く方が自分の体臭に気づくのが枕の臭いなのです。


若い頃は枕や布団というのは自分の体の臭いが付くものなので、何の臭いも感じなかったはずなのに、ふとした時から自分の枕が臭いと感じるようになってしまうのです。


これは体臭に何かしらの変化があったというサインと捉えるべきで、自分で気づくということは他の人にはもっと強く感じていると思って間違いないでしょう。


そのため、枕が臭いと感じたことをキッカケに体臭ケアを始めるといいでしょう。


では枕が臭くなってしまうのは何が原因で、どのような対策をした方がいいのかというところを紹介していきたいと思います。


自分でわからない場合はパートナーに確認してもらおう

妻の指摘

私が枕の臭いを気にするようになったのは30代中盤の頃に妻に指摘されてからでした。


独身の時から枕カバーは定期的に洗う程度のことはしていましたが、枕を干すなんてことはまったくやったことがありませんでた。


その後、結婚して数年がたった頃、妻に枕が脂臭いと言われるようになりました。


それまで自分では全く気が付きませんでしたが、言われて嗅いでみると確かになんとも言えない臭いでした。


一度気になり始めると、自分の臭いであっても臭くてたまりませんでした。


枕本体にしみ込んだ臭いでカバーを洗ったくらいでは改善しませんでした。


そこで枕を干すということを頻繁にやるようにしましたが、それでも状況は変わりませんでした。


もしやと思って妻にたのんで頭の臭いを嗅いでもらったところ、かなりイヤな顔をされたので、その瞬間に頭皮に原因があることがわかりました。


枕を洗う回数が少ないという問題もあるでしょうけど、私の頭自体がニオイを発するようになっていたのです。


枕が臭くなる原因は何?

原因の説明

枕が臭いと感じるようになるのは大体30代〜40代くらいの男性に多いので、加齢臭か?と思いがちなのですが、そうでない場合が多いです。


どのような原因があるのかというと


  • 寝汗が多い
  • 汗が臭い
  • ミドル脂臭(ししゅう)

といったものが考えられます。


寝汗が多い

寝汗というのは自分ではどれくらい出ているのかよくわからないので気づきにくいのですが、意外とたくさん出ているものです。


寝汗がひどいと感じる方の多くは20代以下の若者よりも30代以降の中年の方に多く見られるのですが、実はストレスなどが関係しているのではないかと考えられます。


30代以降は仕事も忙しくなり生活習慣も不規則になるため、汗をコントロールする自律神経が乱れて寝汗が多くなりやすいのです。


 ⇒寝起きの体臭の原因と対策 | 男性だけでなく女性にも多い!


そのため、ある時から急に枕の臭いが気になるようなった場合は、夜中や朝方に汗をたくさんかいているようなことがないか注意してみましょう。


汗が臭い

続いて汗をたくさんかくようになったわけではないけど、汗そのものの臭いが強くなるということがあります。


これは食べ物の影響などもあるのですが、30代以降になると家族構成の変化や仕事の忙しさなど運動をする機会が無くなって汗をかかなくなることが原因として考えられます。


 ⇒汗をかかないと臭くなるって本当?


汗をかく機会が無くなると汗腺の機能が落ちて汗自体の臭い強くなることがあるため、運動をしたりお風呂やサウナなどを利用して汗をかく習慣を作ってみるといいでしょう。


ミドル脂臭

最も多い原因として考えられるのがこのミドル脂臭でしょう。


 ⇒ミドル脂臭の原因と対策 | 加齢臭とは違う30代〜40代前半の体臭


30代以降の男性に多く見られる臭いだけど、加齢臭とはちょっと違う性質のもので、後頭部から首筋のあたりから脂のような臭いを発するのが特徴です。


自分で気付きにくいけど他人には気づかれやすい部位なので、枕の臭いで気づけたならば良かったと考えるべきでしょう。


ミドル脂臭は男性に多く見られますが、その他のものは女性にも当てはまることなので、女性で枕の臭いが気になっている方も該当する点が無いかチェックしてみて下さい。


また、うつぶせ寝の習慣のある方はヨダレを垂らしていることが大きな原因であったりするので、寝方にも注意をしてみて下さい。


枕に付着した臭いを消すには?

消臭スプレーは効果なし

枕の臭いがやっかいなのは、カバーだけでなく枕そのものに臭いが染み込んでしまうことでしょう。


最初の方でも言った通り、私は枕を干したりもしてみましたがそれほど改善されることはありませんでした。


そこで多くの方が考えるのが消臭作用の期待できるスプレーなど使うことだと思いますが、実際は気休め程度で根本的な解決にはなりません。


そのため、対策としては丸洗いできる枕を購入するか、枕が臭くなる原因ところで紹介した点を改善するしかないと思います。


枕が臭いということは体臭そのものが強くなっているということでもある


ため、単純に枕がさわやかな臭いになればOKというわけではないと思います。


自分の臭いに気づけたいい機会だと思って、体臭ケアをしっかりと実施していく方がいいのではないかと思います。


誰にもバレずにこっそり簡単に体臭や口臭をケア!
臭ピタッ!で気になる臭いをピタッと消臭!