耳の裏(後ろ)側が臭いのはなぜ?女性にも多い臭いの原因と対策

耳の裏(後ろ)側から変な臭いがする・・・

耳

自分では自覚できていないけど、知らないうちに結構臭いを発してしまっているのが耳の裏です。


自分で擦って臭いを嗅いで驚いた経験をしている方も多いのではないでしょうか?


しかも、たちの悪いことに耳の裏から発する臭いというのは、自分の鼻では分かりにくいに他人には気付かれやすいのです。


例えばエレベータや電車の中など、意外と多くの方があなたの臭いには気づいているのに、自分では全くわからないという状態だったりするのです。


そのため、自分の臭いが気になる方は、原因をしっかりと理解して必要な対策を実施していきましょう。



耳の裏が臭くなる原因

なぜ

体臭が気になる部位というとワキの下などが一般的ですが、あまり体臭とは縁のなさそうな耳の裏がどうして臭くなってしまうのでしょうか?


原因はいろいろ考えられるのですが、主に以下の2つが絡み合って臭いの原因になっていることが多いと考えられます。


  • 皮脂や汗が溜まりやすい
  • 洗いにくい
  • 蒸れやすい

この2つについては経験上、多くの方がイメージできると思うのですが、それぞれについて簡単に説明しておきましょう。


皮脂や汗が溜まりやすい

汗

意外と思われる方も多いかもしれませんが、実は耳の周辺には皮脂線が多いため皮脂の分泌も多くなりがちなのです。


協力してくれたのは40〜50代の男性4人。まずは、体中の皮脂を測ります。特に皮脂が多かった場所は、額・首・耳の裏・胸・背中の5か所。 出典:NHK

しかもそれだけでなく、汗が溜まりやすい部位であることも体臭を感じやすくなる要因でしょう。


耳の裏側に汗をかくことは無いかもしれませんが、頭皮は汗腺が多く汗を安い部位でありながら汗を吸収する衣服を付けていないため、頭皮から分泌した汗がどうしても溜まってしまいます。


首筋から後頭部付近というのは、その人固有の臭いが強く出ると感じた経験がると感じたことがあると思いますが、皮脂や汗などが溜まりやすいからだと考えられるのです。


さらに、現代では男女を問わず整髪料を付けることが多くなっているため整髪料の成分が汗とともに頭皮から流れて溜まり、時間の経過とともに異臭の原因になっている可能性もあるのです。


洗いにくい

洗いにくい

また、普段あまり気にしない部分であるだけに耳の裏側を意識して洗っているという方は少ないのではないでしょうか?


単純に洗いにくい部位というのもありますが、何となく洗っていないという方がほとんどだと思います。


顔は洗顔フォーム、頭皮はシャンプー、首筋はボディソープで洗っているため感覚的には隅々まで洗えているような気がしますが、耳の裏側はお湯が流れることはあっても泡でしっかりと洗われていることはほとんどないのです。


もしもこれを読んでいて「確かに洗っていないかも」と感じた方は、今日からしっかりとボディソープなどで洗うようにしてみて下さい。


それだけで気になる臭いが改善するかもしれません。


蒸れやすい

蒸れる

これは多くの女性に言えることですが、女性の場合はかなりショートカットでない限り耳の裏側が髪の毛で覆われて蒸れやすくなっているので注意が必要です。


また個人差はあるのですが、身体の他の部位に比べて体温が高くなりやすい方もいるので、同じような髪形にしていても体質的により蒸れやすい場合も考えられます。


実際に計測した事例(参考:テルモ体温研究所)もあって、ワキの体温に比べて高い方で1℃くらい高くなることもあるのです。


このように耳の裏というのは「汗や皮脂が溜まりやすいのに、洗いにくく蒸れやすい」という環境なので、体質や髪形などの要素が揃ってしまうと強い臭いを発してしまう可能性が高いと考えられるのです。


耳の裏の臭いは加齢臭とは違う

解説

耳の裏が臭いと思った時に多くの方が「加齢臭かな?」と考えるようですが、加齢臭の多くは他の部位で目立ちます。


加齢臭は皮脂に含まれるパルミトオレイン酸という成分から作られるので、皮脂の分泌の多い部分から発生しやすくなります。


実際に加齢臭の発生部位としては、皮脂の分泌する面積の多い背中や胸、頭です。


だから、耳の裏から臭っていると思っていたけど実は後頭部から臭いが発生していることの方が多いのです。


実際に後頭部や首筋あたりで発生する体臭はミドル脂臭と呼ばれるもので、30代〜40代の方に多く加齢臭とは異なるものです。


 ⇒ミドル脂臭の原因と対策 | 30代〜40代前半に特有の体臭


そのため、耳の裏あたりから異臭を感じても加齢臭では無くて汗や皮脂による臭いであることがほとんどなので、年齢のせいにしてあきらめずにしっかりと対策をすることで改善できると考えましょう。


耳の裏の臭い対策は?

対策

最後に耳の裏が臭いと感じたときの対策方法ですが、ここまで読んでいただければわかる通り原因は汗や皮脂が残ってしまう場合がほとんどなので、


  • 蒸れにくくする
  • 汗そのものを綺麗にする
  • 清潔を保つ

といったごく当たり前のことが大切になるのです。


まずは、できるだけ汗をかいたり蒸れたりしやすい環境を作らないためにも、髪形などを工夫して髪の毛で隠れないようにすることを忘れてはいけません。


ニット帽やヘルメットなどをよく着用する方も注意が必要です。


また、臭いを発しにくい環境を作ると同時に、汗や皮脂自体に臭いの原因が少なくなるようにしなければなりません


結局体臭というのは、汗や皮脂に含まれるタンパク質や脂質が最近によって分解されてできるものなので、内面からのケアが必要な場合もあるのです。


普段の食事に気を付けること(詳しくは⇒体臭と食べ物の関係)や洗い方等を改善して汗や皮脂の臭いを抑えるよう努めていきましょう。


臭いの原因についてのところでお話ししたように、耳の裏はとにかく洗う習慣というものが無い方が多いのでしっかりと泡を使って洗うようにしましょう。


そして、汗や皮脂が臭い始めたらすぐに対処できるように、臭いの原因菌を抑えることができるデオドラントなどを携帯しておけば、臭いが気にならなくなり余計なストレスを抱えなく済むので安心です。


耳の裏の臭い対策に!

 男性向け 男の臭いをケアするデオドラント

 女性向け 女性の体臭ケアに人気のデオドラント

関連ページ

足のにおいの原因は?臭いと感じる原因と具体的な対策方法
どうして足はにおいが発生しやすいのでしょうか?その原因は足特有の性質や環境によるところが大きいのです。まずは足という部位の特徴や置かれている環境を理解して、においの発生しにくい環境を可能な限り作ることが大切です。
口臭の原因と対策 | あなたの臭いの原因はどれですか?
口臭の主な原因は大きく分けて3つあります。あなたの口臭の原因がどれに当てはまるのかしっかりとつかんでおかないと正しい対策ができずに、毎日しっかりケアしているのに全く改善しないという事態に陥ってしまうので原因を知ることは大切です。
頭皮のニオイの原因は洗い方かもしれません!
私の場合、体臭の原因になっていたのは頭皮のニオイでした。しかも洗い方が良くなかったために、しっかりと洗ったつもりでいたのにニオイを発していたのだと思います。