口臭の原因と対策

あなたの口はどうして臭う?

息が臭い

自分は口臭があるんじゃないかと何となく感じている人はかなりたくさんいると思います。


そして実際に自分でも分かるくらいの臭いがあったり、誰かに指摘されてしまって一生懸命に歯磨きをしたりして口臭対策に励んでいる方もいるでしょう。


しかし、結構多くの方が自分の口の中の臭いの原因についてよくわからずに適当な対策をしているため、口臭が無くならないのです。


そのため、本気で口の中の臭いを消そうと思ったら、臭いのもとになる根本的な原因を解決しなければならないため、ガムを噛んだり口をゆすいだりするだけでなく、しっかりと原因を突き止めることが大切です。


口臭の主な原因を挙げると3つに分けることができます。


  • 唾液の量が減ることによるもの
  • 食べ物の影響
  • 病気などの異常によるもの

この中で本当にやっかいなのは3番目のものです。


これは、口の中に虫歯などの原因がある場合や、胃腸などに問題があるために呼気が臭うようになってしまう状態です。


もしかしたら、あなたが悩んでいる口臭は、口の中の疾患によるもので歯磨きをいくらしても解決しないかもしれないのです。


さきほど挙げた3つの原因についての詳細とそれぞれについての対策を知り、自分の臭いのもとに適した対策を実施することが大切です。


唾液が減ることによる臭い

唾液

これは誰もが経験したことがあるかと思いますが、口の中が乾くと臭いが強くなります


そのため、朝起きた時や緊張したとき、ずっとしゃべり続けた時などはどうしても口臭が気にあるものです。


口の中には臭いの原因となる細菌がたくさんいますが、主な細菌たちは嫌気性(けんきせい)と言われる酸素を嫌う性質を持っているのです。


実は新しく分泌された唾液というのは酸素がたくさん含まれているため、口の中がサラッとした新鮮な唾液で満たされていれば、臭いの原因菌が繁殖しにくいのです。


しかし、緊張などをすると唾液の分泌がへり、残った唾液も古くなって酸素量が減っていきます。


そうすると、唾液は粘りが強くなってきて口の中でベタベタとくっつくような感覚がしたり、量が少なくなって乾いてきたと自覚するようになるのです。


このように何かしらの体の反応で一時的に唾液が少なくなって口の中の臭いが強くなるものを生理的口臭と言いますが、これは誰にでもあるものなのです。


そして、この生理的口臭こそがうがいや歯磨き、ガムを噛むと言ったちょっとした対策によって改善することができます


原因が唾液の減少なので、対策は唾液を増やせばいいのですね。


そのために必要なことは


  • ガムを噛んだりして唾液を分泌させるような刺激を与える
  • 歯磨きをして刺激を与えつつ、口の中を清潔に保つ
  • ストレスを溜めない(リラックスする)

という3つです。


3つ挙げた対策のうち、最初の2つは聞いたことがあると思うのですが、最後のストレスと唾液の量というのはあまり自覚していない方も多いのではないでしょうか。


緊張すると口が渇くのもある種ストレスを感じているからですね。


実は唾液の量を調整しているのも汗などの分泌も調整している自律神経なんです。


自律神経が活発に働いているときは、唾液の量が少なくなるという傾向があるため、緊張したりストレスが溜まっていると口臭が強くなります。


緊張すると口が渇いて汗が出るのは自律神経の仕業なんですね。


実際にぼーっとしていてよだれを垂らしたことくらいは誰でもあると思うのですが、リラックスしていると新鮮な唾液が分泌されやすいんです。


よって、口臭を気にしすぎるというストレスも唾液を少なくしてしまうことにつながるので、虫歯や胃腸の不調などもなくて臭いの原因が生理的口臭であると思われるのであれば、歯磨きをしっかりとやって、気になった時にガムを噛んだりするだけで、あとは気にしないことが一番です。


食べ物の影響

餃子

これも経験した方は多いと思いますが、餃子をたくさん食べると次の日になっても自分の息がニンニクのような臭いがするというものです。


これは昨日食べたものがお腹の中に残っているために臭うというものではなく、食べ物に含まれている臭いを発する成分が、腸で吸収されて血液内に取り込まれて、肺で呼気として外部に排出されているのです。


お酒を飲んだ次の日のきつい体臭をしっかり対策!


結構多くの方が胃の中に食べ物が残っているために口臭がすると思っているようですが、1日経っている場合はすでに消化して血液内に取り込まれているので、食べ物の臭いが直接胃から発生することはありません。


消化して血液内に取り込まれてしまうと、歯磨きはもちろん、ブレスケアのようなものでも効果は無いので、基本的には体内から臭いの成分が抜けるのを待つしかないでしょう。


ちょっと特殊な方法ですが、消臭成分が血液内に取り込まれるタイプの消臭サプリなどであれば効果はあるので、可能であれば試してみるといいでしょう。


よって、もしも次の日に打ち合わせやプレゼンなど、口臭が悪影響を及ぼしそうな大事な用事があるなら、臭いの強い食べ物は避けるのが無難でしょう。


ちなみに、長引く臭いの成分として有名なのがニンニクに含まれているアリシンという成分なのですが、これはニラにも含まれているため、どっちも入っている餃子とういのはまさに気を付けるべき食べ物なんですね。


病気などの異常によるもの

虫歯

最後に一番厄介なのがこの病気などの疾患によるものですね。


慢性的な口臭のほとんどが、口の中の疾患が原因と言われています。具体例としては虫歯や歯周病が多いでしょう。


虫歯になるとどうして臭いが強くなるかというと、多くの場合は虫歯によってできた小さな溝に食べかすなどが詰まってしまうからです。


非常に小さな隙間がたくさんあり、歯磨きではしっかりと食べかすを取り除くことができないため、いずれ腐ってしまって強烈な臭いを発するようになるのです。


さらに有名なのが歯周病ですね。


歯周病というのは簡単に言うと、歯と歯茎の隙間に細菌が繁殖して炎症を起こしてしまっている状態です。


初期のころは小さな隙間ができて磨くのが難しいため、食べ物が詰まったままになったりして細菌が繁殖して口臭のもとになます。


さらに悪化していくと歯石のように細菌の塊が固着してしまうため、歯磨きでは取り除くことができません。


さらに、炎症がひどくなって膿などが発生すると膿自体にも強烈な臭いがあるため、どんなに頑張っても自分では解決のできない口臭へとつながってしまうのです。


ここまでは口の中の病気についての話でしたが、その他にも胃の調子が悪い人などは消化がうまくできないために、胃の中に食べものが長期間残り続けて臭いの原因になることがあります。


また、便秘が口臭の原因なるというのも腸の働きが悪くなるためですね。


便秘が体臭や口臭の原因になるって本当?


口の中、胃腸のいずれにしても、原因が病気などの疾患によるものである場合には、自分ではどうすることもできないため病院で診てもらうしか対策方法はありません。


よって、唾液もたくさん分泌しているし、ストレスも虫歯もない、臭いの強いものを食べたわけでもないのに口臭がひどい場合は、もはや自分では原因のつかめない歯周病や胃腸の問題である可能性が高いので、速やかに専門医に相談してみるといいでしょう。


誰にもバレずにこっそり簡単に体臭や口臭をケア!
臭ピタッ!で気になる臭いをピタッと消臭!