汗をかかないと臭くなる?

臭いが気になるから汗をかかないようにするのは逆効果?

エアコン

体臭を気にしている方の多くが、


臭いが酷くならないようにできるだけ汗をかかないようにしたい!


と考えていると思います。


確かに汗は体臭の原因になるのですが、それは放置して雑菌が繁殖した場合であって、通常の汗そのものはほとんどが水分で臭いはありません。


汗は体臭の原因になる?予防するには?


しかし、実は汗をかかない人ほど本来は臭いの無いはずの汗そのものが臭うようになるということがわかっています。


つまり、体臭を気にして汗をかかないようにしていると、万が一汗をかいたときに普通の人の汗では感じないような臭いを発するようになってしまう可能性があるのです。


現代の習慣に原因がある

解説

肉体労働と聞くと夏場なんて汗が噴き出すようなつらい環境での作業ばかりと思われがちですが、最近の工場などはしっかりと温度管理がされていて、作業効率を上げること、そして熱中症などを避けるために涼しくなっているところがほとんどです。


現代の多くの方はこのような環境に1年中いるため、汗をかく機会を失っている方がとても多いのです。


実際に私が以前勤めていた会社は、通勤はほぼみんなが車で、仕事も事務作業だったので、夏でも通勤時も勤務中もまったく汗をかくことはありませんでした。


このように汗をかかない生活を送っていると、汗腺自体の機能が低下して汗が臭うようになってくるというのです。


そもそも、汗の成分というのは、血液の血漿(けっしょう)とよばれるもので、ほぼ水分でできた液体から作られて体温調節のために排出されています。


ただし、身体に必要な血液中のミネラル成分も汗と一緒に出てしまうので、不足してしまわないように汗腺の途中で再吸収する仕組みになっているんです。


しかし、汗をかかないことに慣れてしまうと、汗の中のミネラル成分を再吸収する汗腺の機能が弱ってしまって、汗と一緒にミネラル成分がでてしまうのです。


そうなると、通常は数時間放置しない限り臭わない汗が、尿素などを多く含んだ汗をかくようになるため、汗をかいてすぐにべとついていて臭いが強かったり、通常の汗よりもさらに菌が繁殖しやすいために乾いた後も強い臭いになってしまうのです。


毎日汗をかく習慣を持つことが大事!

運動

汗をかかないことが実は体臭を強めていることは分かって頂けたと思いますが、対策としてはやはり汗をかくことをできるだけ毎日実施して汗腺を鍛えるしかありません


そのためにはもちろん運動をすることがいいわけですが、実際に毎日運動する時間を取るのは簡単ではありません。


そこでできれば毎日半身浴などをして1時間以上しっかりと使って、汗をかくようにすればいいわけですが、よほどお風呂好きでない限り、これだって毎日はつらいでしょう。


だからせめて湯船につかるようにすることが大事だと思います。


(ただし洗いすぎに注意 ⇒ 体臭の原因は洗いすぎかも?


最近は時間がないからとか、ガスや水道代がもったいないということでシャワーだけで済ませていまう方が多いと思います(特に単身者)。


でも、もしも体臭を気にするのであれば、せめて普通に湯船につかって汗をかくくらいのことはやってもいいんじゃ無いかと思うのです。


それだけで多少なりとも臭いを軽減できるのであれば、それくらいの水代なんてたかが知れていますよね。


よって、できればしっかり運動や半身浴で汗を流すこと、無理であれば湯船につかって温めることを習慣にしてみることから始めてみましょう。


体臭が気になる方がこっそりやっている対策方法
臭ピタッ!で気になる臭いをピタッと消臭!