タバコを吸うと体臭がきつくなる原因と対策

体臭そのものがきつくなる?

タバコ

喫煙者であれば、服や髪の毛、口臭などがタバコ臭いと言われた経験はあると思います。


そのため、マナーなどを気にしている方はできるだけ煙を浴びないようにしたり、自宅に臭いがつかないように換気扇の下で吸ったり、外に出て喫煙をする方もいるでしょう。


しかし、タバコを吸うことによる臭いの問題はタバコ特有の臭いが体に付着するだけでなく、体臭そのものがきつくなってしまうというところにあるのです。


意外かもしれませんがいくら煙に触れないように気を付けても、喫煙を続けている限り体内から発する臭いそのものが強くなる可能性があるのです。


では、タバコを吸うことによってどうして体臭がきつくなるのか、またどのようにして体臭ケアをしたらよいのか、といったところを紹介していきます。


タバコを吸うことで体臭が強くなる原因

タバコを吸っている方は自分では全く気付いていないと思いますが、吸わない方に比べると以下のような理由で体臭がきつくなってしまっている可能性があるのです。


汗や皮脂が増える

皮脂

タバコの主成分の「ニコチン」は、中枢神経興奮剤とも呼ばれています。このニコチンには視床下部にある体温調節中枢に働きかけ、エクリン腺からの汗分泌を促す作用があります。


またニコチンは、交感神経にも影響をおよぼすと考えられています。交感神経への刺激によって、アポクリン腺からの汗の分泌も増えることになります。


タバコを吸うとコルチゾールの分泌も促されます。コルチゾールには男性ホルモンの分泌を増やす効果があります。男性ホルモンが増えると、皮脂の分泌も増加するようになります。


また、タバコを吸うことにより

皮脂の分泌を抑制する作用のあるビタミンCは破壊


されてしまいます。結果として、より皮脂が分泌されることになります。


活性酸素の増加によって皮脂が酸化する

臭い

タバコには「タール」も含まれていますが、タールが肺に入ると、マクロファージが異物を除去しようとして集まってきます。マクロファージは除去作業のために、大量の活性酸素を作り出します。


また、タバコ自体にはも「過酸化水素」という活性酸素が含まれています。過酸化水素は、体内の金属イオンと反応して、酸化力の強い活性酸素に変化してしまいます。


タバコを吸うとビタミンCが破壊されると書きましたが、ビタミンCには活性酸素を抑えるという作用もあるため、タバコを吸うことでビタミンCが破壊されると活性酸素が増えやすい体になってしまうのです。


活性酸素が脂質と結びつくと、「過酸化脂質」という物質になります。過酸化脂質が増加すると、臭いの成分であるアルデヒドになって体の外に出て行くようになります。


こうやってアルデヒドが皮脂から分泌されることで、体臭がきつくなってしまうのです。


血行不良によって体臭がきつくなる

血管

ニコチンが体内に入ると毛細血管を収縮させる働きをします。そのため、血流がとどこおり、体の血液循環が阻害されます。


また、タバコには「一酸化炭素」も含まれています。一酸化炭素は、血管に傷をつけてしまいますので、これも血行不良を引き起こす原因になります。


血流が悪くなって体に十分な酸素が行き渡らなくなると、体は酸素を使わない方法でエネルギーを作り出そうとするのです。


誰もが知っている通り通常私たちがエネルギーを使う時には酸素を必要としますが、酸素が不足している状態でエネルギーを作り出そうとすると乳酸とアンモニアが発生してしまうのです。


発生したこれらの成分が汗腺を通って汗として体外に出ると、酸っぱいような悪臭として感じられることになるのです。


以上のように、喫煙をしている方はタバコの臭いが付いてしまうことばかり気にしがちですが、実は体臭自体が強くなってしまう要素がたくさんあるのです。

どのように対策をしたらいいの?

医師

タバコを吸っていると体臭に悪影響が多いことは理解していただけたかと思いますが、そんなことで簡単に禁煙できたら苦労しませんよね。


もちろん、周囲から良い香りがすると思われたいという気持ちが強いのであれば禁煙するのが一番ですが、できることなら喫煙しながら体臭の対策をしたいというのが本音でしょう。


対策といっても先ほど挙げたようにタバコが体臭に悪影響を与える原因については分かっているので、その原因をしっかりと抑えてあげることが必要なんですね。


汗や皮脂についてはそれ自体を抑えることはできませんから、それ以外の部分での対策を紹介しましょう。


活性酸素の抑制

ビタミンC

活性酸素を抑えることができれば、当然ながら皮脂の酸化や臭い成分であるアルデヒドの生成を防ぐことができます。


活性酸素を抑えるには抗酸化作用のあるものを摂取することが大事で、有名なものとしてはビタミンCやポリフェノールでしょう。


ビタミンCであればドラッグストアなどでサプリメントが安く手に入るので、試してみるといいでしょう。


また、ポリフェノールがいいからといってワインを飲むのは本末転倒です。


アルコールによってアセドアルデヒドが作られてしまうため、逆に体臭が気つくなってしまう可能性があるので、アルコールの含まないものから摂取するようにしてください。


 ⇒お酒を飲んだ次の日のきつい体臭をしっかり対策!


血行促進

階段

喫煙によって血行不良を引き起こすのでこれを改善してあげる必要があるわけですが、血行促進には何よりも体を動かすことが第一です。


できるだけエレベーターを使わずに階段を使うなどのちょっとしたことでもいいので、日々の生活に取り入れてみましょう。


また、意外と気付かない点ですが、普段からシャワーだけで済ませているという方は湯船に入るというちょっとしたこともでも効果が期待できます。


 ⇒湯船に浸からずにシャワーだけで済ませると体臭の原因になる?


臭いそのものを防ぐ

サプリ

今までの対策内容は、タバコによって発生し得る体臭の原因を未然に軽減しようというものでしたが、最後に紹介するのは臭いのもとになる成分がすでに発生してしまった場合に実施する対策です。


まず、臭いのもとを含んだ汗が乾いてさらに強い臭いにならないようにしっかりとふき取ること、そしてデオドラントなどを利用するということです。


ただし、ふき取るにしてもデオドラントにしてもすぐに対処できるとは限らず、場所によっては使いにくいという状況も多いと思います。


そんなときに便利なのが体臭対策用のサプリメントです。


汗を拭いたり塗ったりするのではなく、消臭効果の期待できる成分を体内から発することで臭いを軽減するのです。


どのような方法が良いかは職場など日頃過ごしている環境によっても変わってくるでしょうから、自分の生活パターンに合った方法を取り入れてみてください。


どんなやり方にせよ、継続できなければ効果は得られないので、長く続けられる方法を選ぶことが大切です。


誰にもバレずにこっそり簡単に体臭や口臭をケア!
臭ピタッ!で気になる臭いをピタッと消臭!