体臭と食べ物の関係と原因や対策になる食材

臭いが気になるのは食べ物が原因かも?

ポイント

体臭って食べ物と強い関係があることをご存知でしたか?


まあ、当たり前のことなんですが、私たちの身体を作っているのは食べ物から取り込んだ栄養分なので、当然分泌される臭いの成分も食べ物によって変わってくるわけです。


しっかりと体を洗っているのに体臭が気になる方の中には、食生活の偏りが原因で汗に臭いのもとになる成分を多く含んでしまっている可能性があります。


そのため、どのようにして食べた物が体臭に変わっていくのかをしっかりと理解して、どんな食べ物を控えるべきなのか、また体臭を改善するためにはどんなものを積極的に食べるべきなのかということを紹介していきたいと思います。


どうして食べたものが体臭になるの?

臭い

ニンニクなどの臭いの強いものを食べると口臭の原因になることを経験的に知っている方は多いと思いますが、どうして食べ物が口臭ではなく体臭に影響してくるのでしょうか?


さきほども言いましたが、私たちの体の中から分泌するものは、基本的に口から摂取したものの成分から作られています。


例えば汗や皮脂は血液の成分から作られていて、摂取した栄養素を体中に運ぶための血液にはたくさんの栄養素が含まれていますね。


そのため、偏った食事をすると過剰になった栄養成分が血液を通して汗などとして排出されます。


汗に含まれるタンパク質や脂質自体に臭いはありませんが、これらの成分が汗として排出されると、皮膚の常在菌がエサとして食べるわけです。


そして、常在菌がタンパク質を分解した後に排出したものが、体臭の原因となり臭いがきつくなるのです。


また、アルコールやタンパク質を摂りすぎると肝機能が弱ってしまって、本来は肝臓で取り除かれるはずのアセドアルデヒドという刺激臭のする成分やアンモニアが除去しきれずに血液に入り、汗として排出されてしまうため、常在菌の分解以前に汗そのものが強い臭いを発してしまうこともあるのです。


普通は汗をかいてもすぐにふき取ればそれほど臭わないのに、汗そのものの臭いが強くなると汗をかいた途端に臭いがするという残念な状態になってしまうのです。


このように私たちが食べたものは、何かしらの形で体外に排出されて臭いの原因となる可能性があるため、食事をうまくコントロールすることで体臭の原因にも対策にもなるのです。


体臭がきつくなる食べ物

体臭と食べ物の関係がおおよそ理解できたところで、体臭がきつくなる可能性のある食べ物を挙げてみましょう。


脂質やタンパク質が多いもの

肉

先ほども触れましたが脂質やタンパク質は常在菌に分解されて臭いのもとになったり、タンパク質の過剰摂取は肝機能を弱めてしまう可能性があり、それによって臭いの成分が体内に巡って排出されてしまいます。


また、タンパク質は腸内で悪玉菌のエサになるため、腸内環境も悪化させて体臭を強めてしまう可能性もあるのです。


 ⇒便秘が体臭や口臭の原因になるって本当?


肥満傾向がある方や、激しいトレーニングが習慣化されて日常的にプロテインなどを摂取している方は上記の摂取量が過剰になっていることが多いので注意してみて下さい。


摂りすぎに注意すべき食材としては動物性の脂肪が多いもので、肉全般、牛乳やチーズ、揚げ物です。


臭いのもとになるアリシンという成分を含むもの

ニンニク

アリシンというのはニンニクやニラに含まれる臭い成分です。


口臭の原因と対策」でも説明したとおり、ニンニクなどを食べると一般的に胃の中の臭いが原因で口臭がきつくなると思いがちですが、実はアリシンという成分自体が血液に取り込まれ、呼気や汗として排出されるために臭いが強くなり、歯磨きや入浴ではあまり効果がないのです。


しかも、ニンニクの多い料理を食べた次の日でも臭うと言われるように臭いの持続時間が長いため、24時間以内に口臭が弊害となるような用事(仕事の打ち合わせなど)がある場合には摂取を避けましょう。


アリシンの多い食材としては、ニンニク、ニラ、玉ねぎなどです。


アルコール

お酒を飲んだ次の日はアルコールを分解したときに発生するアセトアルデヒドが臭いのもとになり、さらに汗が増えることも体臭につながります。


詳細は「お酒を飲んだ次の日のきつい体臭をしっかり対策!」を参照して下さい。


以上のように、食べ物というのは体臭に大きな影響を与える要因ですので、日頃から体臭ケアをしているのに臭いが気になるという方は、上記のような食べ物を避けるようにしてみるのも効果的かもしれません。

体臭改善が期待できる食べ物

ここまでは体臭の原因となる食べ物について紹介してきましたが、体臭を軽減するためにも積極的にとるべき食材もあるのです。


抗酸化作用のあるもの

食材

皮脂は酸化すると脂臭くなったり、皮脂に含まれるパルミトレイン酸が酸化すると加齢臭の原因であるノネナールを発生させてしまいます。


 ⇒加齢臭とは?臭いの原因と必要な予防や対策を知ろう


そのため、酸化の原因となる活性酸素が過剰に存在しない方がいいわけです。


また、疲労物質として知られる乳酸はうまく分解できないと体臭の原因になるため、乳酸の分解を促進するべきなのです。


 ⇒ミドル脂臭の原因と対策 | 加齢臭とは違う30代〜40代前半の体臭


乳酸を分解するためにはクエン酸が必要になるので、仕事などで疲れを感じている中年以降ならクエン酸を積極的にとるべきでしょう。


以上のように体臭を抑えるためには体内の活性酸素と乳酸を抑える必要があるわけですが、そのために必要になる食べ物とはどのようなものでしょうか?


活性酸素を抑える抗酸化作用のある栄養素としては、ビタミンCやE、クエン酸ですね。


ビタミンCが多い食材はレモンと思いがちですが、実はアセロラやキウイフルーツ野菜では赤ピーマン等の方が豊富です。


ビタミンEは、べにばな油などに豊富ですが、比較的口にしやすい食材としてはアーモンドやうなぎに多く含まれています。


クエン酸と聞くとあまりピンと来ないかもしれませんが、基本的にすっぱい食材多く、代表的なものとしては梅干しやレモンですね。


脂肪やたんぱく質の代謝を助けるビタミンB2やB6を含むもの

レバー

うまく使うことができずに蓄積された脂肪やタンパク質は汗や皮脂として排出されてしまうので、できるだけエネルギーとして効率よく代謝するよう促進してあげるべきです。


ビタミンB2は脂肪をエネルギーとして使用するときに使われ、ビタミンB6はタンパク質を分解するために使われます。


そのため、これらのビタミンが不足すると、余分な脂肪やタンパク質がうまく使われなくなって過剰に分泌して臭いのもとになる可能性があるのです。


ビタミンB2はレバーやはつなどの内蔵系のものや、のりやわかめなどの海藻類に多く含まれています。


続いてビタミンB6は、マグロなどの魚の赤みや、ピスタチオや落花生などのナッツ類が有名ですね。


腸内環境を整える乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維を含むもの

さつまいも

便秘と体臭」の記事で説明したように、腸内環境が悪くなると腐敗ガスなどを再吸収してしまうために体臭の悪化へとつながる可能性があります。


腸内環境を改善するためには、善玉菌と呼ばれる良質な菌を積極的に摂る必要があり、有名なものが乳酸菌やビフィズス菌ですね。


また、腸の働きを促進してくれる食物繊維も大切です。


乳酸菌が多いものと言えば、ヨーグルトなどの乳製品や、キムチや漬物などの発酵食品ですね。


ビフィズス菌もヨーグルトに多く含まれていますが、配合されていないものもあるので間違えないようにして下さい。


また、食物繊維は実は水溶性と不溶性の2つがあり、両方をバランスよく摂ることが大切です。


一般的に食物繊維が多いものとして有名なさつまいもやごぼう、そしてバナナなどは不溶性の食物繊維なので、併せて水溶性食物繊維を多く含む納豆やオクラ、海藻類も摂取するようにしましょう。

とは言っても多くの食材をバランスよく摂るのは大変

食材の代替

以上のように、食べ物から摂取した成分そのものが臭いを発したり、臓器に働きかけることで臭いを発生させやすい環境をつくるため、体臭の改善には食材にも気を使うことは大切です。


しかし、忙しい現代社会にあって毎日しっかりと栄養バランスを考えた食事を摂ることは簡単ではありませんし、できたとしても自分やパートナーに相当な負荷をかけてしまうでしょう。


そのため、できることなら手軽に摂れるビタミンサプリ、または食べ物と同じように消臭作用のある成分を取り込む消臭サプリなどを使う方が現実的かもしれません。


いずれにしても、継続することができないと意味がないので、自分のライフスタイルに合わせて、どのように継続する方法を選択するか検討してみるといいと思います。


誰にもバレずにこっそり簡単に体臭や口臭をケア!
臭ピタッ!で気になる臭いをピタッと消臭!